FC2ブログ

三宝はり灸健康だより9-10月号/合併号

2013年10月12日11:44

9-10月号でました。
今回は合併号になります。

特集は「皮膚のナゾ」5回シリーズの2回目です。
鍼灸医学の経絡経穴システムの不思議なお話になっています。

また、三宝はり灸「治療室のご案内」も掲載しています。

P1010403.jpg
P1010407.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

心臓弁膜症による動悸、息切れが軽減

2013年10月05日14:21

治療中から動悸、息切れが無くなり、
この夏の猛暑も越えられました

杉並区在住 92歳 女性
P1010397_20131127203354bfd.jpg
Q1:最初はどのような症状がありましたか?
「持病の心臓弁膜症があって
動悸と息切れ胸苦しさがありました。
お風呂からあがって服を着様とした時に
今までに経験した事のない
動悸と息切れで心細くなりました
ドクターからは手術をすすめられましたが
92才の高令なのでし度はありません」

Q2:三宝はり灸の鍼灸治療をするようになって、
どのような改善がありましたか?
「治療中に息切れ動悸が無くなり助かりました
この夏は猛暑で正直この夏を越せるかと
思っていましたが
大丈夫でした 本当に夢の様です」

Q3:三宝はり灸の鍼灸治療を受けてみてどうでしたか?
「鍼も灸も痛くも熱くもないです、他にやさしく手を当てて
下さる治療がとても気持良く ねむに入る様な心地です」

Q4:三宝はり灸の鍼灸治療をどんな人にすすめたいですか?
「私と同じ様な症状のある方や又はまよったり
あきらめている方には先生の治療をおすすめします
いつもはげましていただき感謝しています」


三宝はり灸から「ひとこと」
「患者さんは心臓疾患があるだけで、
日常の生活では、得意なミシンを掛け、細かな手縫いを施して
ひ孫さんにお洋服を何枚もお作りになっている元気な方です。

また俳句を詠み、季節の移ろいに身をまかせて
暮らしを楽しんでいっらしゃいます。

でも心臓疾患からくる動悸や胸苦しさ、息切れは
とても苦しいものだと想像できます。

治療前、激しかった息切れが
治療中には穏やかになり、
治療を重ねるたびに
日頃から苦しい症状も軽減されてきています。
今はまだ経過をみながら治療を続けています。

治療は、基本の鍼灸治療と皮膚圧法と頭蓋督脈へのアプローチの
三つを柱にした施術になります。
東洋医学は身体にやさしい治療です。
鍼やお灸が苦手な方、
治療中の体位変換が難しいご高齢の方には
最適な治療法です。」


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

杖なしで歩ける!

2013年10月05日12:36

まさかこんな日がくるなんて…
杖なしで歩けることが、夢の様です!

三鷹市在住 87歳 女性
歩行
溝間-声
Q1:最初はどんな症状がありましたか?
「背骨に3ケ所の圧迫骨折があって、病院に
入院して退院後も痛みと違和感がありました。
杖で体をつっかえ棒のようにして
支えていないと背骨がつぶれていくような
感じがありました。」

Q2:三宝はり灸の鍼灸治療をするようになって、
どのような改善がありましたか?
「背骨の痛みと違和感がすっかりなくなって杖なしで
立つことも出来ました。
部屋の中を杖なしで歩けるように
なったことが夢の様で一番嬉しいです。
猫背もとても良く治していただきました。」

Q3:三宝はり灸の鍼灸治療を受けてみてどうでしたか?
「ハリとお灸はすぐ効いて痛みは
どんどん消えていったので驚いています。
ハリは痛くもないしお灸も熱くないので
不思議だなと思っていました。
猫背の治療はハリとお灸の他に
頭から背中、腰廻りにやさしく
手をあててくださる治療なので
安心して受けることが出来ました。」

Q4:三宝はり灸の鍼灸治療をどんな人にすすめたいですか?
「私は87才の高令で、あきらめて
いたのですが、先生のはげましを
受けながら続けて治療して
よかったと思います。
年令に関係なく迷っている方には
先生の治療をおすすめします。」


三宝はり灸から「ひとこと」
「この患者さんの治療経過のステージは3つに分けられると思います。

第1ステージは、痛みや違和感を解放するための治療。
第2ステージは、曲った体幹部後面や骨盤のズレ、歪みを調整する治療。
第3ステージは、全身調整の治療。

治療開始時に、こうした治療計画を立てたわけではありません。
治療する、経過をみる、治療する、経過をみる、の繰り返しで
そのつど丁寧に診察し、判断して治療を行ないました。
基本治療となる鍼灸治療の他に
最近取り入れている
皮膚圧法と頭蓋督脈へのアプローチの三つの療法で施術を行ないました。

そしてなによりも、患者さんご本人の気持ちが
改善に大きくつながったのだと思います。」




プロフィール

「三宝はり灸治療院」  院長  笹川登世子

Author:「三宝はり灸治療院」  院長 笹川登世子
■東洋鍼灸専門学校卒業
■日本内経医学会会員
■水・木/10:00〜12:00
    14:00〜18:00
■金/15:00〜18:00
●土/10:00〜12:00
14:00〜17:00
●日/13:00〜16:00
(表示は受付時間)
●休診日
月・火,第2日曜日,当院指定日  
■ご予約・問合わせ 
090-2311-7885
●メール
yoyaku@sanpoh-harikyu.com
●ウェブサイト(リンクからお入り下さい)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード