FC2ブログ

狭山、境緑道をウォーキング

2013年05月25日20:12

土曜の午後、ちょっと時間が空いたので、散策に出かけました。

どこにしようかな〜
そうだ! 西武線沿線にしよう。
ということで、狭山・境緑道を歩くことにしました。

6月中旬にはアジサイ街道となるのですが、まだちょっと早かったです。
でも、気の早いアジサイもなくはなく。
小平アジサイ街道1
薄曇りの天気で、ウォークングには最適でした。時折、ひんやりと風が流れて気持ちいい! 
立ち止まって目を閉じて…いろんな鳥のさえずりがよく聞こえます。
重奏した森の音楽会のようです…なんて耳にやさしい…耳が浄化されていく感覚…。

私たちは、ふだん聴きたい声をどれほど聴いているのだろうかと、ふと立ち止まってしまいます。
小平アジサイ街道2
途中、ガラス張りの建物の中で、すっごくいい気を出して動いている人たちが目に入って、何やってるんだろうと気になって、ぐるっと回ってみると、そこはお店でした。丸亀製麺のスタッフが活気よく働いていました。
ここはおいしいかもね。「ぶっかけうどん」を食べ、やはり期待どおりの旨さ!
鍼灸学生だった時に、隣のクラスの友達に地元岡山の「ぶっかけうどん」をごちそうしてもらったのが、はじめての「ぶっかけ体験」でした。

腹ごしらえも終えて、いよいよ馬の背。
まっすく行くと三鷹だ!まっすぐ行くと三鷹だ!


振り返ると小平だ!振り返ると小平だ!

あっちかな、こっちじゃない? こっちっぽいよね、まあまあの方向感覚で田無駅到着。
運良く始発電車でゆっくりと帰ってきました。
約3時間のウォーキング、気分爽快な午後でした。



スポンサーサイト



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

夜中の喉痛に即効!

2013年05月23日20:02

夜中に、喉が痛くて目が覚めて…う〜ん、かなり痛い。

ちょっと様子をみていたら、どうも左側の頸部にコリ感があったので、
スパッと鍼を刺して軽く技をかけてスウッーと抜くと、即効で痛みが取れました。
これで、朝までぐっすり安眠しました。

日々、鍼灸の凄さを実感しています。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

鍼いろいろ

2013年05月22日18:13

高齢者や身障者の患者さんには、直径0,14〜0,16ミリの細い鍼を使いますが、刺さない鍼を使うケースも多くあります。刺さない鍼は小児にも使います。

また、多くの自由診療の患者さんには、その方の体質に合わせて0,14〜0,20の鍼や刺さない鍼を使い分けていきます。
いずれも完全滅菌されていますので、感染症などの心配はありません。

治療前には、治療に使用する鍼の説明もしております、ご安心ください。

写真はどれも刺さない鍼です。

上から打診(桐箱入りのテイ鍼、木槌)、バチ型テイ鍼、テイ鍼、円鍼、綿棒(比較のため)、ローラー鍼(左)です。
小児に使うのは円鍼のみです。
これらは東洋医学の独特の「経絡」の流れに沿ってアプローチします。

P1010018.jpg

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

継続して8年目、デイサービスでのボランティア鍼灸治療

2013年05月20日20:00

東京都杉並区西荻窪にあるデイサービス「ももの会」の通信ニュースに掲載されました。

鍼灸学生のころから今も続けているボランティア治療です。今年で8年目になります。
こつこつ実績を積み重ねるって大切ですね。

P1010030.jpg
P1010031.jpg

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

三宝はり灸で元気になられた方々

2013年05月13日19:34

あきらめずに治療を続けてほんとうに良かったです。
「子宮内膜症」 30代 杉並区在住 S.Kさん

1)最初にどんな症状がありましたか

20代後半から、月経量が多く、ひどい生理痛、生理不順、頭痛に悩まされました。痛くて立てなくなったのがキッカケで病院にいきました。おしりに熱感があったのですが、中は冷えてる感じがあって、貧血で倒れたことも何回かありました。

病院では子宮内膜症と診断され、右卵巣が2倍ぐらいに腫れているとのことでした。いったんホルモン治療をして治しても、生理が続く限り再発を繰り返し、治ることはないと言われ、実際、ホルモン治療後、数ヶ月して再発しました。

ホルモン療法は将来的に骨粗鬆症になる可能性が高いと言われ、
漢方薬で対処することになりました。3年間ぐらいは子宮内膜症マーカーは最初に診断されたころからは落ち着いてきましたが、正常値にはなりませんでした。


2)鍼灸治療をするようになってどのような改善がありましたか

治療していって最初に頭痛が軽くなり、月経量も落着き、生理不順も徐々になくなっていきました。生理の前触れの目の痛みもなくなりました。


3)鍼灸治療を受けてみてどうでしたか

治療を続けていくと、内膜症マーカーが正常値になってきました。
その後も、生理前後に何回か治療していただき、生理痛はほとんど
なくなりました。生理も計算したように正確に来るようになりました。
再発もありません。いつの間にか、冷え症や花粉症もなくなっていました。

痛くもないし、熱くもないのでこれで効くのかなって最初は思っていたんですけど、良くなっていくので、安心しました。施術中は気持ちよくて寝てしまうこともあります。自宅まで来ていただけるのも助かってます。


4)三宝はり灸の治療をどんな人にすすめたいですか

薬を使わず、治していきたい方や根本治療を望む方。
痛みをなくしたい方に勧めたいです。
いったん治っても、メンテナンスのために何か気になることがあったら、
そのつど診ていただき、施術を受けているので安心です。


三宝はり灸から「ひとこと」
「鍼灸治療だけではなく、食生活の改善も合わせて指導させていただきました。ここだけ痛みが取れればいい、というのではなく、根本から治したいという強い気持ちがありました。
働いていらっしゃるので、仕事を続けながらの治療は大変だったと思います。治るのかな、治したい、治るんだ、という気持ちがだんだん強くなってきて、また指導をよく守っていただけました。そのことがいっそう効果を上げたのだと思います。
身体の『治る力』を信じて治療されたことが良い結果に結びついたのだと思います。」


冷えが取れると、膝や足首の黒ずみもキレイに。
「冷え症」 50代女性、中野区在住、T.Aさん

1)最初にどんな症状がありましたか

とにかく冷たかったんです。どこもかしこも全身冷たくて、とくに膝から下が氷水に浸かってる感じでした。毎年夏のギリギリ前までコタツに足を突っ込んだら出られない状態が続いていました。

手は手首まで冷たくて、腕に神経痛が出て、夏でも長めの手袋をして寝ていました。
エアコンは嫌だったので、夏は余程熱い日以外は切っていましたが、入れる時は設定温度を29度の高めにしていました。
夏のお風呂上がりに、すごく汗が吹き出て、拭いても拭いても汗が出て。そのあと全身が氷みたいに冷たくなっていました。


2)鍼灸治療するようになってどのような改善がありましたか

膝や足くるぶしの黒ずみがかなり目立っていたんですが、すっかりなくなり、踵のひび割れも取れてキレイになりました。足が温かく感じるようになり、お腹も深いところで温かくなって下痢気味だったのもなくなりました。


3)鍼灸治療を受けてみてどうでしたか

夏は治療する前は背中やお腹まわりに汗をかいて冷たかったんですが、治療後はサラサラして温かくしていただきました。腕の神経痛もなくなり、気がついたら手首やスネの凍りつくような冷えが解消されていきました。

毎朝、体温計で計るように指導されて、やってみると毎回36度以下だったので驚きました。改めて体温管理に気を配るようになりました。食事のこと、飲物のこと、四季のお風呂の入り方などきめ細かく指導していただきました。


4)三宝はり灸の治療をどんな人にすすめたいですか

冷え症を軽くみないで、悩んでいる方。キチンと治療すれば毎日幸せに暮らせると思います。


睡眠中の鼻詰まりから解放されました!
「花粉症」 40代女性 杉並区在住、O.Mさん

1)最初にどんな症状がありましたか

30代半ばで花粉症を発症しました。薬は使いたくなかったのですが、鼻詰まりがひどくなってからは、あまりの辛さからよく効く点鼻薬を使いはじめました。
最初は即効で解消されて、すごい!と思いましたが、毎年使っていると、だんだん効かなくなっていきました。

私の場合は両方の鼻が詰るので、ほうとうに苦しくて、日中はまだ片詰まりだったのが、仕事から帰って部屋に入ると、とたんに両鼻が詰っていました。
お風呂に入ると詰まりは抜けるんですが、上がるとまた詰まって、その繰り返し。一日のうちで抜けるのはお風呂に入っている間だけでした。

一番苦しいのが眠れないこと。ベッドに入って横になるとすぐに詰まるんです。眠くてどうしようもなく、うとうと状態が3月上旬から6月末まで続いていました。

この4ヶ月間はほんとうに地獄の毎日でした。毎朝喉が痛いのは当り前で、夜中口の中全部がカラカラに乾いて、喉の奥も水分が一滴もない状態で、飛び起きることが何度もありました。苦しかったです。
どうしてこんなに辛いのか、自分の体で一体何が起きているのがさっぱりわからず不安でした。

何回か治療院にも行きましたが、効果はほどんどありませんでした。顔から血を抜かれたり、鼻の脇からハリを刺されたり、ある治療院では鼻の脇を40分くらい揉むだけという治療もありました。どれも効きませんでした。

とにかく詰まりを取ってほしくて、それが叶えばどんなに助かるか。あとは何も望みませんでした。
でも初診の時に説明されて、これは根本から治療しなければ良くならないな、と思って治療をはじめました。


2)鍼灸治療するようになってどのような改善がありましたか

治療中に詰まっていたのが、ときどき抜けましたが、治療後は抜けたり詰まったままだったりでした。鼻水が出ることもありました。半信半疑で不安もありましたが、なんとなく、いいかなって思ったんです。劇的に治ることはなかったです。


3)鍼灸治療を受けてみてどうでしたか

お腹や腰や足、肩、首など全部診て頂き、全身を治療していただきました。

長くかかりましたが、治療を始めて最初の花粉症シーズンを迎えて、かなり良くなってました。
でも、まだ片方ずつの詰まりは交互にやってきてました。
気分的にはピークが10なら5くらいだったと思います。私としては嬉しかったです。夜は眠れましたし、両方一緒に詰まらなければ、それでいいかな、と思って花粉症シーズンが終わったので、その後はしばらく治療はお休みしていました。

花粉症のシーズン前になるとやはり不安になったので、シーズン前からまた治療をやっていただきました。

花粉症が良くなるにつれて、気がついたら肩こりや背中のこり、首痛、腰痛もだいぶ軽くなっていました。

今年の花粉の多さは去年の3倍とも5倍とも言われ厳しかったですが、症状は去年よりは出ましたが、ピーク時から比べると、3以下でした。
以前は6月いっぱいまで続いていた症状が、今年はゴールデンウィーク前には終わっていました。

両鼻の詰まりもなく喉の痛みもなく、ぐっすり眠ることができました。
今は花粉症の治療というより、自分の体のメンテナンスとして定期的に治療していただいています。


4)三宝はり灸の治療をどんな人にすすめたいですか

花粉症は体質だとあきらめている方に。


三宝はり灸から「ひとこと」
「私も重度の花粉症でした。私の場合は、母のアレルギー性鼻炎の遺伝が背景にあります。
医療機関では鼻の粘膜手術をしないと治らないと言われ、手術を決めましたが、鼻粘膜は毎年再生するので手術は毎年必要だと言われて止めました。まだ、鍼灸師になる前のことです。

その後、鍼灸師になり、自分で治しましたが、完全には治っていません。
ピーク時を10だとすれば2くらいまで軽減しています。もちろん、薬は一切使っておりません。

かつて、私もこの患者さんのように苦しみました。
暴れる症状に手を焼き、ほとほと疲れきって、お風呂場で涙を流したこともありました。

花粉症は花粉の刺激だけではなく、春先のさまざまな刺激に誘発されて、身体の奥深く隠れた症状が一気に、爆発的に上がってくるのではないかという見解をもっています。今後、東洋医学の立場から明らかにしていきたいと考えています。

夜眠くても眠れない苦しみは、想像を絶します。
そんな辛い思いをされている方々のお力になれればと切に願っています。」




 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

三宝はり灸健康だより

2013年05月10日20:30

ニュースレター『三宝はり灸健康だより』を発行しています。

5月号はこちらです。
特集は「冷え症シリーズの第3弾」「血(けつ)と冷えの関係」です。

17世紀の初め、「血液は循環している」と主張したのはウィリアム・ハーベー(英)です。

東洋医学はすでに血は体内をめぐり、
身体を固定したり静止したりせず、
常に変化する動きの中でみていました。

なぜ、血が冷えるのか?
冷えるとどうなるのか?
特集はこのような内容になっています。

P1010032_1.jpg
P1010033.jpg




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体


プロフィール

「三宝はり灸治療院」  院長  笹川登世子

Author:「三宝はり灸治療院」  院長 笹川登世子
■東洋鍼灸専門学校卒業
■日本内経医学会会員
■水・木/10:00〜12:00
    14:00〜18:00
■金/15:00〜18:00
●土/10:00〜12:00
14:00〜17:00
●日/13:00〜16:00
(表示は受付時間)
●休診日
月・火,第2日曜日,当院指定日  
■ご予約・問合わせ 
090-2311-7885
●メール
yoyaku@sanpoh-harikyu.com
●ウェブサイト(リンクからお入り下さい)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード