FC2ブログ

あずき袋

2010年01月24日17:04

あずき袋を作っておくと重宝します。

用意するもの 「小豆3〜400グラム、タオル1枚」
作り方    「タオルは半分折って、さらに半分折る。B5版ノートの大きさ
        くらい。
        袋状に縫って小豆を入れたら、最後に口を縫い合わせます」
使い方    「500Wの電子レンジで2~3分程度温める」
補足     「小豆の香ばしい匂いも楽しめる」
注意     「3分以上温めると焦げたり、あずき袋が破裂する危険もありますので、十分注意が必要です。」

1)肩や背中、腰、膝、足にのせて温める
  
  たいてい私は腰にのせたまま寝ます。横向きになるときは、袋
  の中の小豆をおなか側と背中側に適当に分けて使っています。
  朝はとてもいい感じです。
  机で用事をする時は、肩にのせたりお腹にあてたり。
  袋の中で小豆が適当に動くので重宝します。

2)目の疲れに
  
  小豆の分量は150〜200グラム程度の小さめのあずき袋を作っておきます。 
  「500Wの電子レンジで20秒程度」
  
  目の奥がじんわり温まってきて血液循環をよくします。
  目のまわりは皮膚が薄いので、温めすぎにはくれぐれも注意してください。


3)患者さんにもすすめています

  「8個作りました」という方がおられます。
  家族中で使われているようで大フアンですね。
  たいていは、一家に1つというところでしょうか。
  みなさんもぜひ、作ってみてください。

  
  
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

鼻うがい

2009年05月06日12:31

友人、知人、通りすがりの人たちに縁あれば、鼻うがいを勧めてきました。
でも、実際にやった形跡はありませんね。
「痛いんでしょう!」
「痛いのは水でやるから。塩を入れれば痛くないから」と言っても首をひねるだけです。

一人だけ、やったけど痛かったというので、よ~く聞いてみると塩の入れ加減が違っていました。海水に近い濃さのようで、痛いはずですよね。
要するに体液と同じ濃さであれば、痛くないんです。

どうやって体液濃度を知るか。
私はお椀に、湯をいっぱい入れて、ティースプーン軽く1杯程度の塩を入れます。

お椀の口を両鼻に軽く当てます。
熱いと感じたら、水を加えます。大丈夫そうなら、そのまま少しすすります。
塩が薄くても、濃くても痛いですからね。
良ければ、そのままゆっくりすすると気持ち良さだけが残ります。
片方ずつやると、さらに気持ちいいですよ。理由はわかりません。

風邪の時はもちろん、鼻炎や花粉症で鼻が詰まって口呼吸してる人は、朝、ノドが痛くてとってもつらいんです。
起きてすぐに口うがい、鼻うがいをやると楽になりますよ。
詰まった鼻には無理だ、とヤケにならずにやってみてくださいね。

一滴の通りからはじまります。
一滴も通らなかったら、次に日にやってください。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体


プロフィール

「三宝はり灸治療院」  院長  笹川登世子

Author:「三宝はり灸治療院」  院長 笹川登世子
■東洋鍼灸専門学校卒業
■日本内経医学会会員
■水・木/10:00〜12:00
    14:00〜18:00
■金/15:00〜18:00
●土/10:00〜12:00
14:00〜17:00
●日/13:00〜16:00
(表示は受付時間)
●休診日
月・火,第2日曜日,当院指定日  
■ご予約・問合わせ 
090-2311-7885
●メール
yoyaku@sanpoh-harikyu.com
●ウェブサイト(リンクからお入り下さい)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード